「苦情申出窓口」の設置について

社会福祉法第82条の規定により、当協会では、各事業所に利用者からの苦情に適切に対応する体制を整えることといたしました。
各事業所における苦情解決責任者、苦情受付担当者及び第三者委員を下記により設置し、苦情解決に努めることといたしましたので、お知らせいたします。

1.苦情解決責任者   各事業所施設長
2.苦情受付担当者   愛の家・徳寿園においては、次長
                小倉母子寮においては、主任母子指導員
                保育園(所)においては、主任保育士

3.第三者委員      (1)大司 洋太  (2)甲斐 幸子

4.苦情解決の方法
(1)苦情の受付     
  苦情は面接、電話、書面などにより苦情受付担当者が随時受け付けます。なお、第三者委員に直接苦情を申し出ることもできます。
(2)苦情受付の報告・確認
  苦情受付担当者が受け付けた苦情を苦情解決責任者と第三者委員(苦情申出人が第三者委員への報告を拒否した場合を除く)に報告いたします。第三者委員は内容を確認し、苦情申出人に対して、報告を受けた旨通知します。
(3)苦情解決のための話し合い
  苦情解決責任者は、苦情申出人と誠意を持って話し合い、解決に努めます。その際、苦情申出人は、第三者委員の助言や立ち合いを求めることができます。
  なお、第三者委員の立ち合いによる話し合いは、次により行います。
 ア.第三者委員による苦情内容の確認
 イ.第三者委員による解決案の調整、助言
 ウ.話し合いの結果や改善事項等の確認
(4)都道府県「運営適正化委員会」の紹介
  本事業者で解決できない苦情は、福岡県社会福祉協議会に設置された運営適正化委員会に申し立てることができます。   


【苦情解決状況報告】

平成30年度





個人情報保護に対する基本方針


1.基本方針
 社会福祉法人北九州市小倉社会事業協会(以下「法人」という。)は、当法人が取り扱う個人情報の重要性を認識し、その適正な保護のために、自主的なルール及び体制を確立し、個人情報保護に関する法令その他の関係法令及び厚生労働省のガイドラインを遵守し、利用者の個人情報の保護を図ることを宣言いたします。

2.個人情報の適切な収集、利用、提供の実施
(1)個人情報の取得に際して、利用目的を特定して通知または公表し、利用目的に従って、適切に個人情報の収集、利用、提供を行います。
(2)個人情報の収集、利用、提供にあたっては、本人の同意を得るようにします。
(3)個人情報の紛失、漏洩、改ざん及び不正なアクセス等のリスクに対して、必要な安全対策、予防措置等を講じて適切な管理を行います。

3.安全性確保の実践
(1)当法人は、個人情報保護の取り組みを全役職員等に周知徹底させるために、個人情報保護に関する規程類を明確にし、必要な教育を行います。
(2)個人情報保護の取り組みが適切に実施されるよう、必要に応じ評価・見直しを行い、継続的な改善に努めます。

4.個人情報保護に関するお問い合わせ窓口
 当法人が保有する個人情報についてのご質問やお問い合わせ、あるいは、開示、訂正、削除、利用停止等の依頼について、以下の窓口でお受けいたします。

 利用目的 個人情報管理規程